タレコミや「あなたしか知らない情報」などはこちらから!些細なことでもお気軽に送って下さい。

リバコビッチ(クロアチアGK)のPKストップは偶然じゃないことが判明!

今回は、クロアチアのゴールキーパー・リバコビッチの驚異の『PKストップ』が“まぐれ”ではなかった件についてお伝えしていきます。

PK戦で神セーブを連発し、日本を敗退に追いやったクロアチアの守護神・リバコビッチ。

日本戦に続き、ブラジル戦でもPK戦で“神セーブ”をし、勝利に貢献したことで大ブレイクしました。

正直リバコビッチは大会前までは無名で、ノイアーやナバス、クルトワといった守護神に比べて影が薄かった存在です。

にもかかわらず、決勝トーナメントの2戦で4度もPKをストップした。

これは偶然なのか?実力なのか?

ノイアーやクルトワならまだ信じられる話かもしれませんが、正直無名だったリバコビッチが“実力”で4度もPKストップしたとは信じがたい。

ところがこれが偶然ではなく、実力で止めていたことが判明したのです!

この記事で分かること〈目次〉

リバコビッチは練習でほぼ全員のPKを止めていた!?

日本が敗退した翌日の新聞に書かれていたことですが、

リバコビッチは練習でクロアチア代表メンバーほぼ全員のPKを止めていたそうです。

ほぼ全員て…。

さすがに20人以上止めたわけではないと思うが、レギュラーメンバーのほぼ全員が止められていたと考えると、恐ろしいほどのセーブ率です。

クロアチアが日本戦とブラジル戦でPK戦をいとわなかったのは、

リバコビッチのPKストップに絶対的な信頼があったからだという。

このことから、リバコビッチが2戦で4本のPKを止めたことは“まぐれ”じゃないと言えるでしょう。

リバコビッチのPKストップの練習法が凄い

クロアチア代表GK・リバコビッチは通常よりも1メートル近い距離からボールを蹴らせてPKを止める練習をしていたという。

PKではキッカーとキーパーの距離は10メートルありますが、9メートルで練習していたということですね。

これで反射神経を鍛えていたわけです。

PK戦を見据えていたのか、しっかりと練習をしていたわけですね。

偶然ではなく実力でPKを止められた。そりゃ日本が負けるわけだわ…。

ブラジル戦では最後マルキーニョスがポストに当てて外しましたが、驚異のPKストップをするリバコビッチにプレッシャーを感じ、コースの隅を狙いすぎた結果だと考えればリバコビッチのセーブだと言えます。

リバコビッチのPKストップが凄すぎてネタにされる

リバコビッチのPKストップが神がかりすぎていて、海外ではもはや“ネタ”にされているようです。

クロアチアGKリバコビッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読み終わったらシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事で分かること〈目次〉